入居中の売買のメリット・デメリットについて【不動産 売買 横浜】

query_builder 2022/01/21
ブログ




こんばんわ


 

よくお客様から『入居中の不動産でも売却可能?』などのご質問をされる時があります。

 

答えはもちろん可能です!

中古物件の場合はほとんどの方が住みながら売却を進めていくことが多いです。

 

そこで今回は入居中に売り出すメリット・デメリットをご紹介していきます。

 

まずメリットとしては、

内見の際に売主様と買主様が直接コミュニケーションをとることができます。

 

地域のこと、ご自宅の思い出など様々なお話を通して

ご自宅を気に入ってもらうことができます。

 

この直接のコミュニケーションが売買の決め手になることがございます。

さらにインテリアやご自宅の雰囲気からも入居後の生活をイメージしていただきやすいです。

 

次にデメリットです。

売主様・買主様に合わせるのでスケジュールの調整が難しく、

内見の時間が短くなってしまいます。

 

そこで重要となってくるのが直接のコミュニケーションだと思います。

そして先ほどのメリットとは逆に、生活感が出すぎてしまうとデメリットにもなってしまいます。

 

ですがコミュニケーションや生活感、ご自宅をよく見せる方法などは分からないと思います。

 

そこで、株式会社ウィズダムでは、デメリットをカバーできるよう、買主様目線でのアドバイスや内見の際のサポートなどをおこない、入居中のご自宅でも安心で迅速な売却を行えるようサポートさせていただきます。

 




 


記事検索

NEW

  • 2022年お盆休みのお知らせ🏮【横浜 不動産】

    query_builder 2022/08/06
  • 事務所移転のお知らせ🏢【不動産 川崎 不動産売買】

    query_builder 2022/07/29
  • 不動産売却一括査定サービス 『すまいステップ』に参画決定のおしらせ【不動産 横浜 不動産売買】

    query_builder 2022/06/01
  • 営業紹介①【不動産 横浜】

    query_builder 2022/03/04
  • ウッドショックとは??【不動産 横浜 ウッドショック】

    query_builder 2022/02/11

CATEGORY

ARCHIVE